大学入試

【2019年東大入試・英語】感想・難易度・解説 今年も良問がたくさん

今年も良問がいっぱい。2019年の東大入試・英語を振り返ります。私がやってみた感想と難易度、各大問のポイントを簡単に解説します。

東大英語の特徴

東京大学の入試問題は、非常にバランスのとれた良問が並びます。問われるのは、英語の語順、リズム、論理展開、基本文法と語法が身についているかということです。

総じて、「英語とはこんな言語ですよね、分かっていますか」と問いかけてくるような問題が多いです。

東大は、入試改革における外部民間試験は実質採用しないと表明しています。自前の問題が自分の大学に入学する学生を選抜するのに最も適しているという考えが背景にはあるのかもしれません。一度東大の問題を解いてみると、その考えがまったく的外れではないことが分かると思います。

東大英語は大学入試の中でも、「対策がしにくい」試験であるといえます。

問題の形式は多岐にわたり、そして毎年のように変化します。この練習さえやっておけば点数が上がるという対策はありません。

例えば、英検なら単語を覚えればスコアは割と簡単に上がりますし、京大入試なら和訳と英訳で減点されない答案を書く練習をしたら点数は確実に上向きになります。

一方で、東大の問題は、これで確実に点数アップという学習がしにくいものになっています。語彙レベルも入試の中では全くもって標準的です。難しい単語を知っているから答えられる問題はほぼありません。

東大英語で問われるのは、まさに、「英語という言語のことがどれだけ分かっているか」ということです。基本文法や基本語の用法の広がり、英語のリズムや自然な展開が体に染みついていることが必要なわけです。

1つ1つの設問が極端に難問ではない代わりに、東大英語で読むべき英文量は、他大学と比べても非常に多いです。受験生は、リスニングを除く90分の試験時間で10ページ近くの英文を読むことになります。

京大や阪大が120分で4ページほどの英文量であることを考えると、非常に素早く情報を処理していかないといけません。

かといって「速読」の試験かというと、それは疑問です。そもそも私は、「精読」と反対の意味での「速読」なんて読み方はないと思っています。

必要なのは「速く正確に」読むこと。東大英語はまさにそんな英語との付き合いが要求される試験だと思います。

 

2019年の問題

最新2019年の問題は、全体として東大らしさが十分保たれた良問だったと思います。(リスニングはわかりませんので、以下はリーディング・ライティングについての話です。)

難易度的には、読みやすい英文、答えやすい問題が多かったので、すこし去年より易しくなった印象です。特に大問1(要約・空欄補充問題)、大問4B(和訳問題)、大問5物語読解は読みやすく、一部除いて答えやすい問題が多かったです。

難しかったのは、大問4Aの誤文指摘でしょうか。単なる文法・語法の知識に加えて、英文の論理展開やリズム、語順が体に染みついていないと正答が選べないような問題もありました。

自由英作文は書くことが思いつくと簡単に片づくでしょうが、なかなかぱっと書きやすい内容を思いつきにくいトピックでした。

昨年の問題で20年ぶりに和文英訳が復活しましたが、今年も和文英訳は引き続き出題されました。

世の流れは《和文英訳→自由英作文》ですが、ある種この流れに逆行する東大の姿勢は注目に値します。

自分の考えを述べるだけでなく、他人のことばに寄り添って、誠意ある表現を尽くすという姿勢も忘れてはいけないというメッセージのように私には思えます。

 

解答のポイント

以下では、今年の東大入試問題の各設問を見ていきましょう。

問題と解答・分析は各予備校のサイトで見ることができます。

大問1A

ほぼ例年通りの要約問題です。本文の英語も特に難しい箇所はありません。

全般としては、「社会における子どもの立ち位置とその変遷」という内容です。子どもがどのような存在であったのかを追って各段落の内容をまとめると全体の要約につながります。

まとめる作業自体もそれほど難しいものではなかったのではないでしょうか。

設問の内容は「変化の内容を・・・要約せよ」となっています。解答では「子どもは・・・だったが、~になった」という枠を用意して、字数と相談しながら重要な情報を付け加えていくといいでしょう。

子どもを定義した箇所は、8行目と18行目にあります。ここを軸に解答を組み立てていくといいでしょう。

 

大問1B

「音楽は共通言語といえるか」という内容の論説文が題材です。形式は文の空欄補充と、本文中の単語補充です。

文を補充する設問はケンブリッジ英検FCEのPart 6と同じような形式です。(あまり知られていませんが、東大の問題はちょくちょくケンブリッジ英検と酷似した形式が採用されています。)

本文中の指示語、選択肢の文中の指示語が指す内容を考慮すると、空欄は自ずと埋まってくると思います。

本文自体も読みやすい英文です。受験生は時間をかけずにすませたいところ。

 

大問2A

自由英作文は「祝日の提案」でした。

東大の英作文らしく、発想力と確かな表現力が要求される問題です。書くことさえ思いつけばそれほど苦労しませんが、なかなか普段考えることもないようなトピックではあります。

人によっては難しく感じたかもしれません。

私も試しに書いてみました。以下がその解答です。

I would propose that the government introduce harvest-thanksgiving day. On this day, citizens should express their gratitude for food provided by the nation’s land. With this holiday established, people in the country have the opportunity to think of the country’s food industry, which will raise their awareness on various problems concerning food supply such as decreased food self-sufficiency, genetically modified crops and so on. In this way, this day will encourage citizens to learn more about their own country. (79 words)

現代社会や歴史を鑑みて、オリジナルの祝日を設定すると書きやすいと思います。

 

大問2B

昨年に引き続き日本語の文章の下線部英訳です。

息の長い一文ですが、特に訳しにくい箇所はありません。

「もっとも重要なのは~ということだ」は、 “What is most important is that ~ / What matters most is that ~” といった表現がいいでしょう。直訳で “The important thing is that ~” でもOKですね。

「~しているのは私たち自身である」は強調構文で表すと原文の感じがダイレクトに表現できそうです。 “it is we ourselves that ~” です。

ちなみに、学校文法で「強調構文」とされる文型(It is ~ that …)のことを英語学の用語では「分裂文」といいます。そして、「~なのは・・・だ」という意味で、“What is ~ is…” という文型を「疑似分裂文」といいます。

この和文英訳を直訳すると、疑似分裂文の中に分裂文が入っているという「強調構文の入れ子構造」みたいになります。結構面白い英作文だなと私は思いました。

まあ、複雑な文型が入り組むのを避けるなら、分裂文を使わずに書くという手段も入試では有効でしょう。we ourselves are polluting~という言い方でも十分伝わると思います。

ちなみに、大問5の並び替えでも強調構文が鍵になっていました。

 

大問3

大問3はリスニングです。今年はスクリプトが公開されていません。

問題と選択肢を手がかりにオリジナルスクリプトを創作しようかとも思ったのですが、面倒くさすぎたのでやめました。大問5の長文にあったように “literature for the lazy” を生み出して “burn out” しては元も子もありません。

 

大問4A

文法・語法を扱う大問4Aは、今年は誤文指摘問題でした。

題材となっている英文自体は標準的な難易度ですが、この問題にしては長めの文章になっています。

テキストの出典は以下のサイトだと思われます。

問題文では、難しい語句は一部簡単に書き直されています。

各設問の解答と訂正案は次のようになります。

問題 解答 訂正
(22) a at → for
(23) d either を削除
(24) c her → herself
(25) e reduce almost uniform methods to → reduce to almost uniform methods
(26) e of を削除

この手の問題は、分からないものは分からないし、悩んだら時間を費やすだけなので、受験の時は割り切って考えることも必要です。特に最後の2つは難易度が高かったと思います。

言われたら分かるけど、なかなか自分で判断するのは難しい。アメリカ人の同僚にこの問題をやってもらいましたが、(25)(26)は解答の選択肢が何となくおかしいことは分かるが、どう直したらいいかはオリジナルテキストを見て初めて理解していました。

この2問はどちらも他動詞の直接目的語が、動詞の直後でなく副詞的前置詞句の後に置かれているという文型でした。

直接目的語が長くなる場合、英語ではよくある語順ですが、下線部だけ一読して判断するには相当の英語感覚が必要ではないでしょうか。(言われたら、すとんと腑に落ちるんだけどな~。)

ちなみに(25)のreduce A to Bは今年の京大英作文でもありましたが、「AをBに単純化する」ぐらいの意味です。ロングマンでは以下。

reduce something to something
→ to change something into a shorter simpler form

この文ではAにあたる部分がdiscoveryからeach otherまでと長いので、先にto Bを持ってきています。《動詞+目的語+前置詞句》からなる動詞句の語順としてはよくある現象です。

 

大問4B

大問4の後半は和訳問題です。英文自体は読みやすく、和訳もそれほど難しいところはありません。

(イ)のexistenceは訳しにくいですが、「存在」でも良いでしょうし、かみ砕いて「生まれ育ててくれたこと」と文脈に沿って訳しても良いでしょう。

(ウ)は、「この考え方が~を説明する」と直訳的な枠組みにするよりは、「この考え方によって、~に説明がつく」とするほうが自然な日本語にはなります。まあでも、あまり目くじらたてるところでもないと思います。

 

大問5

今回の大問5は小説というよりは、ノンフィクション的な文章でした。

素直な感想としては、おもしろい題材・設問だと私は思いました。(とくに前半部は私好みの話です。私の嗜好は問題とは関係ありませんが・・・。)

冒頭で出てきた “The Idler” という雑誌は実在します。

 

設問(A)は何がジョーク的になっているのか、皮肉っぽく揶揄されているのかを本文から考えましょう。文脈把握力、語彙力、発想力(と少しの機知とひらめき)が問われる良問だと思います。

(B)は後続する文の内容を解答欄の大きさと相談しながらまとめます。

(C)の並び替えは、これまた強調構文が題材になっています。

It is A that ・・・ を、Aを訊ねる疑問文にした形はどうなるでしょう。

What is it that ・・・?となりますね。

これも普段から英文を読んでいて、英語のリズムが体得できている人からしたら一瞬で解ける問題ですが、その感覚がない人には結構難しかたでしょう。

後半の客観問題はどれも易しめです。できたら全問正解したい。

 

まとめ

東大英語で問われるのは、知識ももちろんそうですが、それだけではありません。

知識がしっかりと体にしみこんでいるか、謂わば、「体得できているか」ということがカギになります。

最後の大問の並び替え問題なんて、まさにそんな問題だと思います。

東大の問題は総じて、答えを見たら「あ~確かに」となる問題ですが、限られた時間の中で一読してそれを見抜くには相当な訓練が必要であることは確かです。

どの問題も、英語を使えるようになるには避けては通れない必須事項を扱っています。何年経っても東大英語から学ぶことは多いです。

そんな東大英語の名を冠した学参でおすすめのものがあります。以前記事で紹介しましたが、宮崎尊先生の『東大英語総講義』です。「英語とはどんな言語か」ということを始め、難関大で求められる「言語を使うセンス」を磨くための本としてこれ以上の本はありません。受験生にもそうでなくても、おすすめの1冊です。

質問、ご意見ご感想はコメント欄で受け付けています。

 

POSTED COMMENT

  1. […] 【2019年東大入試・英語】感想・難易度・解説 今年も良問がたくさん […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です